子供の少食に悩まされている人へ!これが私が出した答え!!

トラブル

子供が1歳すぎて離乳食も終わった頃から

小学校に入るまでの5年間少食で常に悩んでいました。

 

初めは母乳も飲んでいるし!と思っていたのですが、

飲まなくなってからも食に関心がなく沢山は食べてくれませんでした。

 

おやつなども小袋のおやつを一袋食べきる事が出来ず、

いつも2日に分けて食べていました。

 

大変なのはご飯です。

 

いつもどうしたら食べてくれるか、などを常に考えていました。

 

初めは毎日一口サイズのオニギリを

ふりかけかけて味を変えて作ってみました。

 

おかずも小さく食べやすいようにして可愛く形を形どってみたり、

カラフルにしたりしました。

 

時にはお弁当にして庭で食べてみたり

公園まで連れて行ってみたりしました。

 

 

ものすごく喜んでくれて可愛いと言ってくれていました。

 

でも、やっぱりオニギリは3つ食べたらいいかな?という感じでした。

その頃は私のご飯が美味しくないのか?など色々悩んでいました。

 

だけど、それは何処のご飯でも同じで外食でも、

レトルトでも沢山食べてくれることはありませんでした。

 

それは保育園に行っても変わらず、

同じ年の子供の半分ちょっとしか食べれませんでした。

 

体は他の子供より背は大きく体重は少なめでした。

 

背が伸びてるし、ガリガリではないので栄養は足りてるのかな?

と思っていたのですが不安でいっぱいでした。

 

 

毎日最後まで残って可哀想と先生とも話してご飯は半分にしてもらう事にしました。

 

そうするとたりない時はお代わり行くし、

食べれる量なので本人も残さずたべた満足感、

早く食べれた自信に繋がっていきました。

 

そこから少しづつご飯の量を増やして行く事にしました。

 

家でもすごく小さなお茶碗で食べきれる量を入れて

おかわりをするようにしていきました。

 

小学校に入ると学校ではおやつもなく、体育をしたり、

歩いて登下校するので少しづつ量が増えてみんなと一緒の量が食べれるようになってきました。

 

小学校に入って2ヶ月くらいした時に学校から帰ってきて一言目にお腹すいた!と言ってきました。

 

その一言がとても嬉しく今でも忘れる事はできません。

今でも何故あのご飯の量でみんなより大きくなったのか不思議でなりません。

 

当時はみんなこのくらいの量を食べてる!おやつも食べてるとか、

ご飯が大好きで、喜んで食べてるのに何でうちの子はこんなに少ししか食べないんだろう?

 

私の努力が足りないから食に関心がないのか?など色々考えていました。

 

でも、今は大食いの子が居れば少食の子供もいる。

 

食に関心が無いのではなく、ただ沢山食べれないだけなんだ。

 

と言うのがわかって楽になりました。

コメント