子供の赤ちゃん返りがひどいときの対処法とは!?自分次第なのかも!

トラブル

子供が1歳半の時。妊娠7ヶ月。

 

赤ちゃん返りがひどく、

一日中甘えからの愚図りがあり大変でした。

 

 

日中は何をしても、ご機嫌ななめ。

 

とても反抗的でオモチャを投げなり、イタズラばかりしたり…

 

しかし「赤ちゃん返りだ。受け止めよう。」

と思えていた私ですが、夜泣きだけは涙が出るほど大変でした。

 

 

真冬の夜中です。

寝かしつけるのに毎日2時間はかかりました。

 

寝てくれるまでは、

 

オモチャで遊びたい。お茶が飲みたい。電気は消さないで!などなど…

 

まだまだ喋れない子供の要求1つ理解するのには相当な時間がかかりました。

 

やっと寝たと思い家事を済ませ「さぁ、寝よう」

その瞬間、タイミングをはかってたように「ギャー!!」と泣き叫び始める子供。

 

抱っこをしてみても嫌がり

お茶を飲ませてみても嫌がり

違う部屋に連れて行っても好きなテレビを見せてもダメです。

 

「困ったな。どうしよう…」

 

「やってあげれる事は思いつくかぎりやったし泣き止むのを待つしかないか…」

 

1時間…2時間…泣き止む気配がないどころか余計に酷くなります。

 

ネットの記事に書いてあった、ドライブに行ってみよう!

 

ドライブに行ったところ、しばらくして寝てくれました。

 

さぁどうやって布団まで運ぼうか。

 

起こさないようにそっと抱っこし布団へ運びます。

 

が、布団へ寝かした瞬間、「わぁーん!」泣き始めます。

 

また抱っこするのですが、こちらも体力の限界です。

きっと子供も泣きつかれているはず。

 

いったん自分の気を楽にして座って抱っこしたまま

 

子供の背中をトントン。

そのまま子供と寝ていました。

 

気づいたら朝方です。

子供を布団に寝かし私も1時間だけ布団で寝ました。

 

このような状態が1週間は続きました。

 

そんな中で私が感じたのは「割り切る」です。

 

可愛い我が子のために、あれだこれだと手を尽くしますが、何をしてもダメ。

 

終いには泣けてきてしまう。

 

そんな時に

 

「うん。大丈夫。いつまでもは続かない。気がすむまで泣けばいい」

 

と割り切ってしまう。

 

案外、親が割り切るとすんなりいく事もあるもんです。

 

子供に力みが伝わるのでしょうかね。

 

私自身割り切るのは苦手なので、

割り切れない。涙が溢れる。

 

 

そんな時は電話相談を利用し話をしてスッキリします。

 

そうすると不思議と割り切れたりしました。

 

しかし、あの時に子供と向き合えた事で、

私は母親として一歩。

 

いや、半歩でも成長したような気がします。

 

きっとこうやって大切な子供と向き合いながら、

これからも成長させてもらうんだろうな。と実感した体験でした。

コメント