抱っこしていた子供を落としてしまった!!まさかの大怪我に!?

怪我

息子が3歳の時に頭に怪我をしました。

 

その時は日曜日で、主人と一緒に自宅から少し遠い公園に遊びに行っていました。

 

 

私は家で家事をしていました。

 

突然、主人から

 

「頭を打って怪我をした!血がすごい出てる」

 

と電話があって驚きました。

 

主人はとても慌てていて

 

「近くに病院があるか」

 

と私にきいてきました。

 

あったとしても、日曜なので開いているはずもなく、

 

「私に電話するより早く救急車を呼べ」

 

と言い返しました。

 

息子はそのまま救急車で運ばれて、私は後から保険証を持って息子が運ばれた病院へ向かいました。

 

病院に着いたらすでに手術は終わっていて、頭にガーゼを付けていました。

 

5針縫ったそうです。

 

シャツは首の周りが血で汚れて黒くなっていました。

 

本人は思ったよりケロリとしていて安心しました。

 

何故こんな事になったのか主人に聞いたところ、公園にあるコンクリートでできた小山を息子を抱っこして登っていて、足元が不安定な所で落としてしまったそうです。

 

血がすごく出ていたので、タオルで頭を押さえながら救急車を待っていたそうです。

 

息子はもともと運動神経が悪くて怖がりで、すぐに抱っこをせがむ子でした。

 

普通の道はもちろん、遊具などは自分で遊ぼうとはせず、すぐに抱っこして登らせろと言っていました。

 

私は

 

「自力で登れないところは危ないから行くな」

 

と言って抱っこはしませんでしたが、主人は

 

「小さいうちだけだから」

 

と言って、いつも抱っこをしてあげていました。

 

主人は甘いなと感じつつ、それが優しさでもあるのかなと特に口出しをしませんでした。

 

しかし、それが原因でこの事故は起こったんだと思い、主人にちゃんと言わなかった事を後悔しました。

 

息子が自分で登っていれば、頭を縫うほどの怪我にはなっていなかったでしょう。

 

どうすれば上手く登れるのかを考えたり学ぶ事もできたかもしれません。

 

今まですぐに抱っこをして自分でさせなかったことは、その分息子の経験値を奪っていた事になります。

 

「自分の身の丈以上のことはしない」というのは私の持論ですが、自分の能力を超えたことをしてしまうのは高いリスクが伴います。

 

息子は他の同い年の子に比べて、背が小さくて力も弱く運動神経が悪いのです。

 

息子が恐がりなのは、それに対する防衛反応なのかなとも思いました。

 

他の子と同じことはできないかもしれないけど、別にそれでも構わないと思います。

 

親は手を出しすぎることなく、いつかはできるようになると信じて、成長を待つのが一番なのかなと思いました。

 

 

コメント