伝染性単核球症になったうちの子供の体験談!感染経路はあれかも・・・!?

伝染性単核症

3歳くらいの頃だったと思います。

 

前日からやや風邪っぽかったのですが、

朝起きるとなんだか元気がないようでした。

 

保育園に通わせていたのですが、

張り切って行けるような感じではありませんでした。

 

顔をよく見てみると、

目がいつもより腫れぼったいことに気が付きました。

 

また、なんとなく首も腫れている気がしました。

 

熱を測ってみると、39度近い高熱がありました。

 

祖父母に見せると「おたふくかぜではないか?」と言われましたが、

 

普通おたふくは片方だけなのに、

首が両方とも腫れています。

 

とりあえず、病院に連れて行ったら、

大きな入院設備のある病院につれていくように言われました。

 

そこで、大学の附属病院に連れていったら、

検査の結果、伝染性単核症と言われ、入院することになってしまいました。

 

この病気は、いままで一度も聞いたことがなかったので、

調べてみたところ別名「キス病」とありました。

 

子供なので、もちろんキスなどするわけないのですが、

祖父母が時々口に入れたものを食べさせていたことはありました。

 

子供の場合は、EBウィルスというウィルスに感染して、

この病気にかかることが多い、とのことでした。

 

保育園に通っていたので、

知らないうちに誰かから感染してしまったのかもしれないし、

はっきりとした原因はわかりません。

 

普通は通院で治るようですが、

うちの子供の場合は、熱が高かったのと、何かの値が高かったため、数日入院となりました。

 

入院前の点滴や血液検査の時には、あばれて大変でした。

 

私を病室から出して、

看護師さんたちが子供を押さえつけてなんとか対処したようです。

 

2日間くらいは元気がなかったのですが、3日目くらいから元気になり、

ベッドの上で何もすることがなく、退屈で大変なようでした。

 

ちなみに私も一緒に泊まり込みで入院し、

昼から夕方にかけて祖父母に来てもらい、

その間自宅でシャワーを浴びて着替えをして戻るという形になり、結構大変でした。

 

子供と一緒の病院のベッドで寝ましたが、窮屈で眠れませんでした。

 

退屈しているようだったので、

病院の売店で塗り絵を買ったり、

家からお絵かきの道具などを持ってきてもらって、なんとか乗り切りました。

 

4日目に検査して、

それで数値的に大丈夫そうであれば、5日午後に退院できるということになりました。

 

検査の結果大丈夫ということで、5日目午後に退院しました。

 

うちの子供は、保育園に通っていたこともあると思いますが、

丈夫そうに見えて、結構子供の頃肺炎などで入院が多かったです。

 

子供の入院となると、親も周りも大変なのでなるべくなら避けたいところですが、

こればかりはそうはいかないな、と思いました。

コメント