とびひは兄弟間でうつる病気!早期発見がカギになる!?

とびひ(伝染性膿痂疹)

6歳長女と2歳長男を持つ2児の母です。

 

今年の夏、2人がかかったとびひについて書きたいと思います。

 

長女は肌が弱く、乾燥肌、蕁麻疹、など肌のトラブルが多い子です。

紫外線に長時間あたると、顔がかゆくなったりすることもあります。

 

今年の夏も、顔にかゆみが起きたりしていました。

また、汗をかくことから、膝の裏にあせもをかき壊した湿疹ができていました。

 

その湿疹からジュクジュクとした汁が出ていて、

保湿や以前にもらった皮膚科のステロイドなどを塗っていたのですが、

 

一向に良くなりません。

 

そしてある日、朝起きると顔に大きな湿疹が2つもできていました。

よく見ると、湿疹をかき壊して皮がむけていました。

 

皮膚科に行って診察してもらうと、「虫に刺されたかな?」という感じで、

塗り薬が出されました。

 

そして膝の裏も見てもらい、そちらには弱いステロイドが出されました。

 

これで良くなると安心していたら

、翌日、2つだった顔の湿疹が5つに増えていたのです。

 

それも、全部大きくて、見るからにひどい状態でした。

私は、水疱瘡ではないか?と考え、今度は小児科を受診しました。

 

すると、顔にしかなく体に広がっていない点、

熱が出ていない点から、水疱瘡ではないという診断でした。

 

引き続き、皮膚科の薬を塗って様子見になりました。

 

でも、全然よくなりません。

 

「もしかして、とびひ?!」私はピンときました。

 

膝の裏と顔の湿疹は繋がっているのではないかと思ったのです。

膝の裏の菌が、寝ている間に顔をかいたりしたことでとびひしたのではないかと思いました。

 

今度は、皮膚科と小児科が併設されている病院へ行き、やっととびひとの診断がおりました。

だいぶ湿疹が奥までいっているので、顔に傷が残るかもしれないと言われ、ショックでした。

 

でも、もらった抗生剤を飲み、

塗り薬をぬったら、みるみるうちによくなり、傷はほとんど目立たなくなりました。

 

安心したのもつかの間、翌日、長男の足に水ぶくれが2つもできているではありませんか。

 

長男も蚊にさされたところをかき壊した傷口があったので、

どうやらそこから長女のとびひがうつったようです。

 

すぐに皮膚科に行き、とびひの薬をもらって塗りました。

ひどくなる前だったので、すぐに良くなりました。

 

でも、2人がとびひになって治るまでの1週間は、

人とも会えず、夏休みなのにどこにも行けませんでした。

 

人にもうつるし、見た目もひどかったからです。

体は元気なのでとても大変な1週間でした。

 

2人がよくなって1週間後、

プールに行った長女が、再びとびひになりました。

 

もともとあった水いぼなどから感染したのか、

今度は脇の下にひどいとびひができてしまいました。

 

お腹と膝などにもあり、また皮膚科に行きました。

また、治るまでに4、5日かかり、そしてまた長男へうつりました。

 

長男は皮膚が強いからか、2回ともそこまで広がらずに治りました。

もともとの皮膚の状態などで、悪化具合も変わるのかもしれません。

 

うつるものなので、タオルを別にしたり、

洗濯をわけたり、傷口を触ったら手を表せたりしていましたが、

すぐに手をつないだりするので、うつらないようにするのが困難でした。

 

 

皮膚が弱い子の場合、スキンケアをしっかりして

皮膚のバリアを強くしておくしかないと思います。

コメント