先天性奇形で生まれたての子供の右足に異常が!?治療までの実体験談

先天性奇形

出産してすぐ、子どもの右足に異常がある事に気づきました。

 

薬指と小指がくっついている奇形です。

 

 

 

 

助産院で出産したのですが、

 

子どものそのままの状態を受け入れてくれる助産院でしたので、

 

「骨はきちんとあるし、こういう事はたまにあるから大丈夫!!」

 

と言われて、安心しました。

 

産後すぐは、大変なので、足の事を気にしている場合ではなく(笑)、

 

だたひたすら育児に没頭。

 

そして、3ヶ月経って、少し落ち着いて、小児科へ健診に言った時に相談してみました。

 

たまたま形成に詳しい先生だった事もあり、

 

「特に心配ありません。手術で治せますから。

 

 大学病院へ紹介状を書きますから、一度見てもらってください。」

 

と紹介状を頂きました。

 

(子どもの医療費補助が、各市町村で受けられますが、

 

紹介状にも適応されると知り、ちょっとビックリしたのと、助かりました。

 

紹介状は、だいたい1通3000円です。)

 

子どもが小さすぎるとオペが出来ないので、(全身麻酔をかけるのにそれなりの体重が必要なため)

8ヶ月頃に初診で大学病院を受診。

 

大学病院は待ち時間が長いのが大嫌いなところ。

 

まだですか、と何度も聞いて(笑)、やっと診察。

 

女性の医師で、もう手慣れてますよ?という雰囲気の先生。

 

「こういう症例は結構よくあります。心配しなくても大丈夫です。

 

 全身麻酔をかけて手術をするので、1歳くらいになってから手術するのが一般的です。

 

 まだ先なので、また来てください。」

 

と言われ、終わりました。状態を記録するために、何枚か写真を撮りました。

 

その後、手術の詳しい説明を受けたり、同意書を作成するために、何度か通院しました。

 

手術の少し前には、血液検査をしたり(初めての注射!泣かなくてびっくり笑)、

 

足のレントゲンを撮ったりしました。

 

レントゲンは、特殊な空間だったので泣いてましたが。

 

子どもの手足って、軟骨がとっても多いんですね!

 

転んだり、落ちたりしても、骨折しにくくなるようになってるそうです。

 

手術するためにも、骨がそれなりにしっかりとないと出来ないそう。

 

そして、準備万端、いざ入院!となりましたが、

 

私が嫌だな??とすごく思っていたのもあり、知恵熱が出て、初回は延期。

 

再度入院調整。

 

結局、1歳3ヶ月の時に手術をしました。

 

今度はほぼスムーズに事が運び、(小児科病棟の小児科医とちょっともめた笑)

 

手術も予定よりも大幅に早く終わり、術後の経過も良好で無事退院。

 

麻酔をかけるところまで、同行するのですが、

 

もうこちらが泣きそうになるくらいたまらない気持ちでした。

 

こんなに小さな身体に麻酔をかけて手術だなんて・・・。と。

 

でも、術前から治癒サポートをしていたので、

 

術後の経過もとても良く、何の問題もなく、抜糸もできて、

 

移植した皮膚も綺麗にくっつきました。

 

ある程度、治ってきたところで、レントゲンを撮り、状態を確認。

 

2度目のレントゲンは泣かずにじっとしていて、技師さんが超びっくり。

 

レントゲンもOKで、経過観察を1年に1度、ということになりました。

 

術後は3ヶ月くらい、状態を安定させるためにテーピングが必要でしたが、

 

いまではすっかりキレイになっています。

 

子育支援センターの保育士さんとも色々話していたのですが、

 

同じ症状で、3歳頃に、手術を受けたお子さんがいたそうなのです。

 

3歳ともなると、感覚も発達しているからか、術後は歩き方が変になっちゃったそうです。

 

だから、「1歳くらいで手術するのがやっぱりいいのね?」と言ってました。

 

一般的なその後の経過は、だいたい問題なく過ごせるのがほとんどだけれど、

 

まれに、残した骨が大きく成長しすぎて、手術をして骨を削る時もあるそうです。

 

どんな病気でもそうですが、いい医師に恵まれ、自分が納得した形で治療を出来ると安心ですね。

コメント