子供が突発性発疹に感染した時の体験談!病気よりも不機嫌な娘をなだめるのが大変!?

病気

だいたいの子供は6ヶ月を過ぎると母乳からの免疫が減り

風邪を引きやすくなると言われています。

 

中でも突発性発疹はだいたい一歳までに一度はみんなかかる病気です。

 

しかし、私の娘は体がとても丈夫なのか6ヶ月を過ぎても

一歳を過ぎても突発性発疹だけでなく、

熱や風邪の1つもかかることがありませんでした。

 

そうこうしているうちに娘はあと1ヶ月で2歳になろうとしていました。

 

そんなある日いつものように公園に行き沢山遊んで

家に帰ってきてお昼寝させようと寝かせると、

いままで感じたことがないくらいに体が熱かったのです!

 

とても驚き慌てて体温計で熱を計りました。

 

しかし、我が家にある体温計は大人用の物で正確に計り終えるまでに時間がかかりました。

 

もちろん子供がじっとしていられる訳もなく嫌がっていたけれど、

それでもぐんぐんと熱が上がるほど高熱だったのです。

 

なんとか、計り終えてみると熱は39.6分もありました。

 

初めての熱でここまで高くでるとは思っていなかったので

とても焦ったのをよく覚えています。

 

しかし、驚くことに娘はいつもどうり元気に走り回りおしゃべりをしていました。

 

私の頭の中はハテナでいっぱいでした。

 

大人でもそんな高熱が出ていたらぐったりして苦しそうにするのに

なんでこの子はこんなに元気なのだろうか、

 

と不思議に思いました。

 

 

けれど、いくら元気だからといっても高熱が出ているので保冷剤をタオルでくるみ両脇の下と背中、

枕は氷枕に変えてお昼寝させました。

 

 

さすがに寝付くと疲れたのかいつもよりも1時間近く長く寝入っていました。

 

目をさましてから食欲は流石にないだろうと思っていたのですが、

驚くことにいつとのようにきっちりご飯を完食していました。

 

熱があるのでお風呂は控え、

はやめに寝かせると翌日の朝にはすっかり熱は下がっていました。

 

そして体には、突発性発疹と思われる発疹が出ていました。

 

突発性発疹の本当の大変さはこっからでした。

 

いつもは聞き分けのよい娘なのですが、

この日ばかりは何を言っても何をしても大泣きしながら

物を投げて怒り癇癪を起こしていました。

 

 

これは突発性発疹の大きな特徴で

熱が下がり発疹がでるとなぜか機嫌が悪くなるのです。

 

 

熱の対処よりも機嫌の悪い娘の相手の方がとても疲れました。

 

この娘の初めての発熱を経験して学んだのは、

体温計はケチらず子供用の素早く測れるものを用意しておく事、

 

もう1つは保冷剤は意外と使えるという事です。

 

我が家にはケーキを買った時に貰う小さめの保冷剤が沢山ありました。

 

小さくバラバラで冷凍庫の中で邪魔になっていたけれど、

この小ささが子供にはちょうどいいんです!

 

小さな子供の脇に挟んだり、

バンダナで巻いて背中に背負わせるのにはとても役立ちました。

 

そして、もう1つ学んだのは世の中の母は

こうして子供が風邪を引くたびに1つ1つ学習して看病のプロになっていくんだ、

と気が付きました。

 

今回の発熱で用意しておけば良かったなと思ったのは冷えピタと経口飲料水です。

 

寝返りなどしてもずれずに体を冷やせるのは大きなメリットです。

 

今回は食欲もあり脱水症を引き起こす心配はなかったけれど

もし食欲がなく水もろくに飲めない状態になったら経口飲料水は必ず必要だと思いました。

コメント