子供の突発性発疹は不機嫌になるもの!泣き止まないのも覚悟して!

病気

息子が5ヶ月の時のことです。

 

その日は特に何もなく、機嫌も良くて元気だったのですが、

夜に38度を超える熱が出ました。

 

初めての熱だったので、少し焦りましたが、

熱以外には症状がなかったので、家で様子を見てみることにしました。

 

ところが、翌日も翌々日も熱が一向に下がりません。

 

夜も熱のせいで頻繁に目を覚ましてしまうので、

体力も落ちてる気がしました。

 

病院にいくと、風邪だろうということで、

解熱剤くらいしか出ませんでした。

 

ちょうどそのときに、上の子の運動会があり、

朝早くからお弁当を作らなければいけませんでした。

 

 

夜中は熱にうなされる息子の看病でほとんど眠れないまま4時に起きて、

フラフラになりながらお弁当を作ったことを、今でもおぼえています。

 

 

昼間は、少し元気はなかったけどまぁまぁ機嫌が良かったのが救いでした。

 

それでも39度の熱も出るようになり、

五日目を迎えてもまだ下がらなかったので、

 

 

何か悪い病気だったらどうしようと、心配で仕方なかったです。

病院では、あと1日熱が下がらなかったら、大きい病院を紹介しますと言われました。

 

そして六日目に、ようやく37度台に下がりました。

それと同時に、お腹にうっすらと赤い発疹ができました。

 

 

息子の場合、発疹がすごく薄い色で少量だったのですが、

医者にきくと、突発性発疹で間違いないだろうとのことでした。

 

 

発疹が出始めたら、息子の機嫌はとんでもなく悪くなりました。

抱っこしようが授乳しようが、ずっと泣いてばかりいました。

 

発疹が出ると機嫌が悪くなると言う知識は有りましたが、なぜなのか不思議です。

かゆいのか、痛いのか、まだ話せないからこちらにはわかりません。

 

とにかく機嫌が悪いのが大変でした。

それまでの熱の看病でただでさえクタクタなのに、追い討ちをかけてきます。

 

上の子は、3才で突発性発疹にかかりました。

そのときも、同じように熱が何日か続き、解熱後に発疹が出ました。

 

熱が下がって、安心して予定していた旅行に出掛けたら、発疹のせいか不機嫌極まりなく、

全然旅行を楽しめなかった思い出があります。

 

この件以来、体調が少しでもいつもと違う時は、旅行はやめると決めました。

 

その経験から、発疹時の不機嫌さは覚悟していました。

 

でも、息子の場合はまだ5ヶ月だったので、

まだ突発性発疹にかかる時期ではないだろうと思っていました。

 

6ヶ月くらいまでは母親の免疫が残っていて、熱なども出ないと思っていたので。

 

でも、初めての熱というのは、突発性発疹のことが多いみたいです。

 

しかも厄介なのが、この病気は、

解熱して発疹が出るまで判断ができないことです。

 

それまでは、やはり色んな病気を考えて、

不安でモヤモヤしてしまうと思います。

 

かかる時期も、ハッキリとした時期はなく、

うちのように5ヶ月のばあいもあれば、

 

3才を過ぎてからということもあります。

 

周りの友達では、突発性発疹にならなかった、という子もいますが、

ほとんどの子供はかかるそうなので、これから親になる人たちは、

知っておいた方がいいかと思います。

 

でも、熱と発疹だけで大変なものではないので、

ゆったりと構えていることが大切かと思います。

 

以上が我が家の突発性発疹の体験談です。

参考にして頂ければ幸いです。

コメント