パパのインフルエンザが赤ちゃんにうつった!?まさかの親子で発熱!

インフルエンザ

今年のお正月、主人の実家に帰省しました。

 

場所は千葉県です。

 

娘が生後5ヶ月を迎えた頃でした。

 

 

 

主人方の親戚にまだ会わせてなかったので初披露しに行かねばならず、

まだ小さいし都市部に連れて行くのは不安だな?と

 

私は乗り気じゃなかったのです。

 

ニュースでは連日、ノロウィルスの大流行、

インフルエンザ患者も急増中という報道。

 

かなり敏感になりつつも今回の私たちの移動手段が

フェリーで車移動なので個室にいられる時間も長いから

電車や飛行機よりうつる可能性は低いし、

生後6ヶ月までは母親から受け継いだ免疫があるから逆に体は強い!

 

なんていう情報を安心材料として

過剰に反応しないように心穏やかに帰省するぞ?と思いました。

 

前半は無事に過ぎてゆきました。

 

一通り親戚にも合わせ、

計画していた予定もほぼ終わり、あとは数日ゆっくりしたら帰れるな?

 

何とか無事に帰省が終わる?そう思っていた時でした。

 

主人が突然、体調を壊し発熱。

 

お正月休みだったので病院もあいてないし、

平気平気とドラッグストアで解熱剤を買い1日様子を見ました。

 

翌日になっても熱は上がったり下がったり。

 

帰省中の用事もあと一つだったのでやはり病院に行こうとしない主人。

 

まあ、本人が大丈夫と言うので…

 

と過ごしていたら主人が熱を出してから二日目の朝、

生後5ヶ月の娘が何だか熱い事に気付き

慌てて熱を測ったなんと40度!!

 

その日も休日だったのですが大急ぎで救急病院に家族で駆け込みました。

 

行った先の病院は休日のみ診察受付の救急専門の大きな病院で、

朝から行ったにもかかわらず既に100人近く患者さんが待合にいて

これまたびっくり。

 

主人も娘もぐったりしていて診察してもらうのに1日かかってしまうな…

と絶望していたのですが、受付を済ませたらすぐに名前を

呼ばれ診察してもらう事ができました。

 

 

やはり月齢が低かったのと発熱度合いで危険とみなされたようです。

ついでに主人も同時に診てもらう事ができました。

 

救急病院では基本的にインフルエンザかどうかの検査はしないそうなんですが、

初めての高熱だった事と主人のここ数日の発熱もあり

 

赤ちゃんだけ特例で検査してお薬処方しましょうと言われ、

検査した結果やはりインフルエンザでした。

 

そして二人とも薬を1日分だけ処方され早々に帰宅する事ができました。

 

薬は1週間飲まなければいけないとの事で翌日近所の小児科でまた診察と処方。

 

二日であっという間に熱が下がり回復しましたが、

初めての発熱で生きた心地がしませんでした。

コメント