心雑音!?心臓肥大!?子供の心臓に異常が見つかったときの体験談!

心臓肥大

保育園の年長さんの時の内科検診で

心雑音が発見されてしまいました。

 

うちの子は体が少し小さめで、

1つ下の子達と同じくらいの大きさでした。

 

以前も風邪を引いたりしている時によく出ていたのですが、

その時は風邪も引いていなくとても元気な状態でした。

 

なのでとても不安になり、

保育園の帰りに直ぐに保育園の担当の小児科に行き診てもらいました。

 

その時も少し心雑音が聞こえる!

詳しく掛かりつけの小児科の先生に診てもらった方がいい。

と言われました。

 

次の日は病院がお休みだったので、

月曜日に診てもらう事にしました。

 

休みの間その事しか頭にありません。

色々調べて不安になる一方でした。

 

 

やっと月曜日になり、朝一番に病院に行き診てもらいました。

 

診察室に入り保育園での事、

担当の小児科の先生の話をしました。

 

もともと、気管も少し弱く喘息もあったので、

先生も慎重にみてくれて、レントゲンを撮る事になりました。

 

後からもう一度診察室に呼ばれました。

 

 

いつもニコニコしている先生が少し真面目な顔で心雑音に関しては問題ありません!だけど、

 

心臓が体に対してとても大きいです。

 

この年の子供の1.3倍あります。詳しく検査をしないと!

 

と言われました。

 

 

えっ?心雑音は?心臓がおっきい?初めはよくわかりませんでした。

 

 

大っきかったらどうなのか、

何がダメなのかなど分からない事がいっぱいで、

どうして良いかわかりませんでした。

 

 

1ヶ月後にエコー検査などの詳しい検査などを受ける事になりました。

 

その間は生きた心地がしません。

どうしよう。どうなる?などと悪い事ばかりかんがえてしまいます。

 

ネットで調べて心臓肥大とか色々出てきて

良い事なんて書いてあるわけ無いのに調べてしまいます。

 

また、調べて不安になり、

また調べるの繰り返しで1ヶ月を過ごしました。

 

その間に小学校の入学前検診がありました。

 

もちろん引っかかってしまい、

 

 

学校の先生に今の状態を詳しく説明して、今は検査を待っている事を話しました。

 

検査結果が出たら直ぐに学校の方へお知らせ下さい。と言われました。

 

何だか大ごとだ!と思いながら、

検診の日を待っていました。

 

 

検査の当日、ドキドキしながら検査を受けました。

 

レントゲン、エコー、心電図などです。

 

検査を受けている時に何か有ったらどうしようと思い

私の方が心臓が痛くなってきました。

 

 

一通りの検査が終わり、結果を待っていました。

 

診察室に呼ばれて先生の顔を見ると、

いつものようにニコニコしています。

 

 

あれ?どうなんだろ?と思っていると、

 

お母さん!何もありませんでした!

 

ただ、ただ心臓が普通の子より大きかっただけです。

 

心臓の成長に体がついて行ってないような感じです。と言われました。

 

ホッとしました。

 

そこから、何だか可笑しくなってきました。

 

小さいとは思っていましたが、

そこまでだとは思っていませんでした。

 

直ぐに主人に、結果を言うと主人も大笑いです。

 

家族みんな安心と同時に大笑いです。

 

あの不安に押しつぶされそうだった1ヶ月は何だったのかと思います。

 

今はネットでどんな事でも調べる事ができますが、

調べすぎて不安になる事もあるように気をつけて行こうと思います。

コメント