手足口病は大人にも感染する!予防しないとひどい目に合う!?

手足口病

2017年1月に産まれた女の子を育てています。

我が家の娘が6ヵ月の時にかかった病気は『手足口病』です。

夏に流行ると言われている病気ですが、

娘も8月というちょうど流行している時期に感染しました。

 

 

発症前は特に変わった様子もなく元気でしたが、

ある日急に足全体に発疹が出て、それが腕にも出るようになりました。

それは今まで見たことのないような発疹の出方だったので

触ってはいけないと思い、なるべくその部位に手が触れないよう注意をしていました。

 

その後、私だけではどうするべきなのかわからなかったので

自分の母親や子供のいる友人に娘の様子を話して教えてもらいました。

発症したのが日曜だったという事もあり、

すぐに病院にはいけなかったのですが

休日でも診療している病院を探し受診をしました。

そこでは簡単な診察しかできないので

翌日に必ず小児科へ行くようにと言われたので翌日、

かかりつけの小児科へ行き診察をしていただいたところ、

手足と口の中に発疹が出てるので間違いなく手足口病と言われました。

 

ただ、見ているのがかわいそうになるくらい足に発疹が出ていたのですが、

小児科の先生が言うにはあまり痒いとか痛いというのはないそうです。

娘は受診の時には発熱はなかったのですが、

発熱をすることもあったり、口の中の発疹が原因で食欲がなくなる場合もあるとの事でした。

薬などはありますか、

 

と聞いたところ手足口病には薬はないので自然に治るのを待つしかないとの事でした。

1週間くらいで治るので様子をみてください、

と言われあまりやらないとは思うけど手足の発疹を掻きむしったりして

発疹の部分がジュクジュクしたりしたらと塗り薬を出していただきました。

 

お医者さんの言った通り、痒がったり痛がったりする様子もなく

娘は1週間もすると手足に出ていた発疹もきれいになくなり完治しました。

 

予防法や対処法は、ます手洗いをしっかりする事です。

手足口病は感染力の強いウイルスなので、

流行している時は特に子供が多い場所などに行った後などは手洗いをするべきです。

娘も子供写真館で撮影をしに行った時に感染したみたいなので、

流行している時期には特に注意が必要と思います。

 

ちょうど何でも口に入れたがる月齢での感染だったので、

それ以降は外出時のオムツ替えや子供達が遊べる場所
なども色々と気にするようになりました。

また、発疹などが治った後も比較的長い間ウイルスが排泄されるそうなので

基本的にはしっかりと手洗いをして予防をする事も大事です。

また飛沫感染もするので、

もし感染してしまった場合には咳やくしゃみをする時には注意が必要です。

感染した場合、マスクを着用する事がとても大事だと思います。

 

めったに大人に感染しないと言われていますが、

感染した場合は子供より重症化すると言われています。

私自身、娘からうつってしまい高熱、

手のひら、足の裏に発疹が出てしまい発症してから2?3日目は歩くのも大変でした。

そして私の場合は食事も取る事ができないくらい、

口の中の発疹もひどくなりました。

 

病院から解熱剤、痒み止めの塗り薬をいただきましたが、

それでも痛さ痒さは想像を越えるくらい大変なものでした。

やはり自然に治るのを待ち、1週間ほどで良くなりましたが

発疹が出た部分の皮が剥けたり、完治してから2ヶ月弱くらいで爪がはがれたりもしました。

 

 

手足口病は子供がよくかかる病気と知ってはいましたが、

実際に子供がかかりその症状を目の当たりにして色々と知る事がありました。

そして、大人がかかった場合は確かに重症化するという事も今回よくわかりました。

これを教訓に基本である手洗いをしっかりして、

子供と一緒に病気を予防したいと思いました。

コメント