子供が真珠腫性中耳炎を発症!手術前後の体験談!

中耳炎

これは私の娘が、小学校6年生の時にかかった病気です。

 

真珠腫性中耳炎という耳の病気です。

 

 

病気になる前は、大きな病気はしたことがなく健康そのものだったです。 

 

 

事は耳の聞こえが最近悪いという、娘の一言から、始まりました。

 

最初はそんなに気にしていなかったのですが、ある日容体が急変します。

 

 

娘の耳から大量のねっとりした液体がでて、止まらないのです。

 

本人に聞くと、耳の痛みだけでなく、頭の痛みもあるということです。

 

 

急いで大学病院の耳鼻科に予約なしでしたが受診します。

 

医師からは、とりあえず頭部CTとMRIを取ろうと言われます。

 

まだ小学生ですから、少し混乱してる娘に、寝ていればすぐ終わる検査と言います。

 

検査の結果が出たのは、2週間後で、真珠腫性中耳炎だと告げられます。

 

どのような病気かを医師に詳しく聞きます。

 

 

耳の垢が沢山つまり、そこから黴菌が入ります。すると耳の神経を圧迫し耳の骨を溶かしてしまいます。

 

このまま放置しておくと、髄膜炎などの重い病気になります。手術して、すぐ腫瘍を取り除きましょうと言われます。

 

今の鼓膜を破り、人口の鼓膜を入れることが一番の治療法です。

 

娘は、医師の言っていることがイマイチ分からない様子です。

 

しかし手術をしなければいけないということは分かったようです。 

 

 

手術を嫌がり、泣き出してしまう娘をただただその場は抱きしめます。

 

そして、自宅で、手術すればちゃんと治る病気で元気になると伝えます。

 

お耳の悪いおできを取ればちゃんと治る病気だと説明します。 

取り除かないと、悪くなって友達と遊べなくなっちゃうと伝えます。

 

娘は混乱しながらも、事実をなんとか受け入れてくれたようです。

 

 

ただし、どんな手術をするのか、痛いのかという不安が大きかったようです。

 

私は麻酔って、言ってね、薬を注射して、寝ている間に終わります。

 

だから、安心していいんだよ、何も心配することはないと言います。

 

きちんと事実も伝えたうえで、小学生の娘をただ励まします。

 

 

医師からきちんと事実を伝えて、でも不安にならせすぎないことも大事です。

 

娘の病気について、猛勉強をします。もちろん娘に隠れてです。

 

セカンドオピニオンも自分で、ひとりで探し行くことに決めます。

 

 

娘が幼少の時にかかっていた耳鼻科を訪れて、意見を聞きます。

 

大学病院の医師と同じで、手術をして鼓膜を作ることです。

 

それが一番ですし、後遺症も残らないので安心ですと言われます。

 

大学病院の先生も信用できる優秀なドクターであると言われます。

 

その事を娘にも、伝えると少し安心した様子です。

 

 

そして手術当日まで、可哀想ですが、娘に激しい運動は控えさせます。

 

なんでなんでと娘は聞いてきましたが、動くと悪化します。

 

今は元気になるために、じっとしておかなければいけないです。

 

風邪と一緒で、病気になったら、おとなしくしてないといけないです。

 

そう娘に伝えて、手術まで2か月間、励まし続けたのです。

 

 

病気について調べると、鼓膜を再生した後に聴力が下がると知ります。

 

手術前に、大学病院にまた足を運び、それについて聞きます。

 

すると、聴力が下がった場合でも、それは大人になってからです。

 

下がった場合でも、また手術で聴力を上げるということが可能です。

 

 

この事も隠さず、娘に伝えます。子供は思いった以上に強いです。

 

手術のことも内容も、いつのまにか全て受け止めます。

 

お友達と早く遊べるように頑張ると、前向きです。

 

そして手術当日がいよいよやってきます。

 

 

娘はやはり当日になると緊張した様子なので、抱きしめます。

 

3時間に渡る手術でしたが、とにかく心を強く持ちます。

 

手術は無事成功、麻酔からも覚めて、思ったより痛みもなく元気そうだったです。

 

二週間で、退院し、元気に自宅に無事に帰ってきます。

 

 

その後、念願だった友達と遊ぶ約束を果たします。

 

完治するまでに半年の時間がかかったことになります。

 

 

今は半年に一回、定期検診に通っています。

 

この病気の予防策は耳垢をためないこと、清潔にすることです。

 

耳垢をためないようにもっと気を付けるべきだったと思います。

 

娘が元気になり、健康の有難味を心から知ります。

 

 

以上が、真珠腫性中耳炎になった娘の私の体験記です。

コメント