粉瘤にかかった子供の体験談!レーザー手術であっという間!?

病気

7歳ごろです。

唇をひっくり返すように見てみると、白いできもののようなものができました。

 

痛くもかゆくもないようですが、5~7mm程度の丸いできものが唇にあるので気になって、

 

舌でさわったり手で触ったり、唇を気にするようになりました。

 

歯磨きをするときによく見てみると、白っぽく半透明で、前に出るようにできものがあります。

 

触ってみると、柔らかくコリッとしていました。

 

 

しばらく様子をみたのですが、小さくなる気配もなくいつまでも同じ場所にできものがありました。

 

 

数が増えることはなく、大きさはさほど変わりません。

 

日によって大きさが違ったり、痛みがあったりすることもありませんでした。

 

 

害はないのですが、気になって市の大きな病院の口腔外科を受診しました。

 

初診ですので、順番まで2時間ほど待ちました。

 

いつも、予約の患者さんが多いので結構待ちます。

 

これは、子供が小さいと本当に大変です。

 

やっと、診察室に呼ばれ、できものを見せいつごろからあるのか?

 

いたみは?などの質問に答えました。

 

先生は、唇をひっくり返すようにして、少し触ったりして確認しているようでした。

 

診断は、粉瘤とのこと。

 

通常、体中にに老廃物を排出する線が無数にありますが、

 

そこから分泌されるものが何らかの原因でつまりを起こすような状態になり

 

袋状になってしまうそうです。

 

化膿して膿がたまっている場合もあるそうです。

 

ですが、今回の場合は、痛みもなかったので炎症おこしている状態ではなかったようでした。

 

日を改めて、切除する処置をすることになり、病院の予約をとりました。

 

 

切除の処置方法は、局所麻酔でレーザーで焼切る。との説明がありました。

 

手術ということではなく、あくまで外来での処置の範囲でした。

 

処置後は、歯科医院で麻酔をした後のような感覚が残り、厚い飲み物や食べ物に気をつけてください。

 

程度の注意事項のみで、前日も普段通りの生活ができます。

 

また、処置の日までの間も、特に特別なことはなく薬の服用などはありませんでした。

 

 

当日。

 

外来に午前中に予約をしていましたので、予定の時間に病院に向かいました。

 

予約していると、あまり待たずに受診できます。

 

 

先日と同じ診察室に入り、先生の説明を受けます。

 

その後、処置室に通されました。

 

口腔外科ですが、町の歯科医院のような椅子が数台並んだ処置室に移動です。

 

子供も少し不安そうですが、泣いたりすることなく優しく看護士さんに促されて、処置用の椅子に座りました。

 

 

少し背もたれが傾き、麻酔をかけます。

 

これも歯医者さんでよく見る光景です。注射器で少しチクッとしますが、子供でも我慢できる程度です。

 

数分で麻酔がかかり、レーザーで切除の処置が始まりました。

 

あっという間です。

 

ペンのような器具で、唇のあたりをちょこっと触ったような感じで、切除終了です。

 

切除したものは、透明なお皿にのっていて、見せてくれました。

 

 

先生から、念のため病理検査にだして検査をします。との説明をうけます。

 

ほぼ、ないですが悪性のものでないことを確認するためだそうです。

 

また、5日分の抗生物質と痛みどめを処方されました。

 

 

レーザーで焼切る処置ですので、傷を縫ったりすることはありませんでした。

 

唇は、腫れているわけでもなくきれいにできものがなくなりました。

 

傷跡は、少し赤くなっています。

 

2.3日は少ししみるかもしれません。とのこと。

 

本人も、さほど驚いた様子もなく短時間で終わりましたので

 

子供への負担もとても少なかったと思います。

 

 

麻酔が切れるまで、少し違和感がありますが見た目はなにも変わった様子はありませんでした。

 

 

病理検査の結果が、二週間ほどで分かるとのことだったので、

 

再度、受診の予約を入れて帰宅しました。

 

帰宅るると、やはり麻酔が切れてきたことでピリピリとした痛みがあるので、痛み止めと抗生物質を飲みました。

 

その後、少しお昼寝をして夕方には痛みもほぼなく、いつもどおりでした。

 

次の日からも、痛みはなかったので痛み止めは1日目に一度だけ服用したのみです。

 

 

費用は、市の負担もあり一律でしたし、時間もかからずに処置できたので良かったです。

 

後日、検査結果を親のみ聞きに受診しました。

 

結果は、陰性でなにも問題なかったです。

 

 

そして、同じような症状が繰り返すということではなく、できやすい体質などでまた、同じことが起こる可能性もあるようです。

 

そのような説明を受けましたが、それから一度も同じものはできていません。

コメント