うちの子供が顔面麻痺!診断名はベル麻痺!それってどんな病気なの!?

ベル麻痺

娘が2歳のこと「ベル麻痺」という

顔の右半分が動かなくなるという病気に突然なりました。

 

兆候といえば、数日前くらいから風邪気味だったこと、

前日の夜中に突然起きて大泣きしたことぐらい。

 

そのときは怖い夢でもみたのかと思っていましたが、

後から考えると尋常じゃないなき方でした

 

その日の朝保育園につれていくときは

バタバタしていて異変に気づかなかったのですが、

仕事中に保育園から電話がかかってきて、

娘の顔の右半分が固まった状態になっている。

 

 

脳梗塞の兆候かもしれないから医者に連れて行くようにとのことで、

やりかけの仕事もほったらかしで一目散に保育園に向かえにいきました。

 

 

最初に見てもらったお医者さんは、

ベル麻痺かもしれないけどそれにしては年齢が若すぎるから、

ねんのため脳神経科にもみてもらうようにといわれ、

病院を紹介してもらいました。

 

 

その先生の表情がとても不安そうな表情だったので、

病院へ行く途中最悪の場面を考えて頭がおかしくなりそうでしたが、

 

幸い主人も一緒におり、また母親が動揺していては娘が余計不安になるからと、

がんばって平静をよそおいました。

 

紹介してもらった医者でCTスキャンをした結果、異常はなし。

 

風邪を引いていたということからベル麻痺だろうと診断されました。

 

ベル麻痺は大人に多いようですが、子供でも例はあるようで、

はっきりした原因はわかっていないとのことです。

 

娘の場合、風邪を引いていたので、

そこからウィルス感染したのではないかということでした。

 

 

前日の夜に大泣きしたのは

ウィルス感染のせいで耳が痛くなったのだろうとのこと。

 

3ヶ月くらいでもとにもどりますとのことで、

 

感染用のお薬と非常に濃度を低くした薬をもらって帰りました。

 

3ヶ月とのことでしたが、子供なので治癒力が早かったようで、

 

一週間くらいでもうすっかり普通に顔が動くようになりました。

 

ベル麻痺が完治するまでの間に高熱が出た場合は要注意ということで、

しばらくは不安な日々が続きましたが、顔に後遺症はまったく残らず、

今ではすっかり元通りです。

 

本人も顔が動かないことは全然気にならない様子で、

保育園にも元気に通っていました。

 

お友達にからかわれたりしないかな、

と心配していましたが、2歳児ということで

みんなまだそこまで気づかなかったのかな。

 

ラッキーでした。

 

後日念のためにとMRIも予約していたのですが、

 

CTスキャンを見た先生が、

これはベル麻痺で間違いないのでMRIは必要ない、とのことで、そのまま帰りました。

 

 

ベル麻痺は命に別状のある病気ではないとは言え、聞いたことのない病名で焦りました。

コメント