え!?暖めすぎが熱性痙攣の引き金に!?実際に起こった体験談

熱性痙攣

初めての子供である長女は子育てもわからないことだらけでした。

 

なので特に病気になったりケガをした時にはどうすればよいのかわからなくなってしまうことも多かったです。

 

困った時はインターネットで調べたりすぐに病院を受診して対処していました。

 

昔とは違い大体のことはインターネットで調べることができるので大変助かりました。

 

長女が幼稚園に入園すると今まではかかったことがないような病気にもたくさん感染するようになり集団生活をしているので仕方がないことですが高熱が続いたりぐったりしている姿を見ると心配でたまらなくなりました。

 

発熱することはよく合ったので小児科でもらった座薬で対処していましたが長女が4歳の冬に発熱したときには小児科で風邪と診断されましたが病院を受診してから4日ほどたっても熱が下がらずかなり心配して看病していました。

 

熱が上がり、初めは寒いと言う時が多いのでお布団を多めにかけて体を暖かくしていました。

 

しかい、その日は途中で熱いと言ったり寒いと言ったりしているのでとりあえずお布団をかけて眠らせておきました。

 

私が寝ようと思った12時近くになり長女が急に起き上がりかなりの高熱なのに部屋の中をぐるぐると歩き始めました。

 

その日は動くこともできないぐらいぐったりとしていたので

 

「どうしたの!?」

 

と声をかけると布団の中に戻り長女を見てみると目線は合わず体中が震え熱性痙攣を起こしていました。

 

びっくりして主人を呼びましたがどうすればいいかわからず・・・。

 

体の震えはすぐに収まりましたが心配だったので救急病院に連絡すると念のため検査をするから救急車を呼んでくださいと言われ救急車で救急病院に搬送されることになりました。

 

 

救急車の中で長女の容態を説明し熱を測ると39.4度まで上がっていました。

 

寒いと思ってお布団をかけすぎたせいで体に熱がたまってしまっていると言われました。

 

 

救急病院に着くころには長女も少し話ができるくらいになっており診察してもらうと念のため、熱さましの座薬と高熱が出たときに使用する熱性痙攣がおきないようにする座薬をもらい次の日にいつも受診している小児科の先生に診てもらうとこれからは発熱したら熱さましの座薬だけでなく熱性痙攣が起きないようにする座薬も使いましょうと言われました。

 

一度、自分の子供が熱性痙攣してしまうと発熱のたびに敏感になってしまい熱38.5度を超えて苦しそうなときはすぐに熱性痙攣が起きないようにする座薬を使って長い時間、熱性痙攣が起きないか見張っていました。

 

熱性痙攣が起きたことはその一回きりで長女も大きくなるにつれて熱を出すことも大分減り今では年に数回ほどしか発熱することもなくなりました。

 

しかし自分が子供の頃は熱が出ると温かくして寝る言われていたのでどの程度になったら涼しくしてあげるのかがわかりませんでした。

 

それ以降は子供が発熱したときは発熱している本人の熱い、寒いには必ずしたがって部屋の温度やお布団の量まで細かく調整しています。

 

コメント